2006年03月28日

ワールドエンブリオ

森山大輔新作単行本。

森山犬の描く女の人はどうしてこうもエロカワイイのか。
やっぱりやわらかそうなほっぺだろうか。
みならいたいものであることだよなあ(詠嘆)。
posted by さめのひと at 02:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 森山さん、ヒトヅマニアを自称してるけど、なぜか『可愛い年上の女性』が多くて、色っぽい感じのヒトは少ないんだよなぁ。んでもって、巻末見たら、要求された年上キャラはメーテル? ほりゃムチャやわ(笑)私(機械伯爵)の敵だしぃ(笑)んでも、コミックの初回登場のメーテルはちょっと可愛い系だったりして(笑)
Posted by 機械伯爵 at 2006年04月12日 10:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。